メニュー

腎臓の働き

 腎臓は後腹膜という、腰よりやや上の背中側に位置する臓器です。左右両側にあり、尿を作り、体の中の毒素や水分を外に出す働きをしています。腹部大動脈から出ている腎動脈を流れる血液は、腎臓で老廃物や水分を捨てられた後、腎静脈から下大静脈へと流れていきます。腎臓で作られた尿は左右の尿管を通って膀胱にたまり、尿道を経て体の外に出ていきます。

 

 実は腎臓は尿を作る以外にも多くの働きをしています。表1をご覧ください。

 

「腎臓内科」に戻る

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME