メニュー

腎嚢胞に関連する症状

 ある程度大きくなった腎嚢胞がある場合には、腎臓痛といわれる症状が生じます。嚢胞の分布によって症状の部位はさまざまで、腹痛や腰痛、背部痛、胃の痛みとして感じます。ただし、常染色体優性多発性嚢胞腎の合併症にありますように、嚢胞出血や嚢胞感染との区別する必要があります。また、肝嚢胞が目立つ場合には、肝臓の症状なのか、腎臓の症状なのかが一見するとわかりにくいことがあります。気になる症状がある場合には、受診の際にご相談ください。

「腎臓内科」に戻る

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME