メニュー

腎盂腎炎

 腎盂腎炎は、腎臓から尿を作られて集まられる場所である腎盂やその周辺を中心に腎臓に細菌感染が及んで炎症をきたす病態を言います。腎臓は血流豊富な臓器ですので、血流を通って全身に細菌がぐってしまう菌血症や敗血症といった生命の危機が及ぶ状態にもなりえます。このため、腎盂腎炎は重症として対応する必要があります。膀胱炎が悪化して腎盂腎炎になることも多いですので、膀胱炎を繰り返している場合にはこの時点で何らかの対応が望ましいでしょう。

 腎盂腎炎の典型的な症状は、発熱と腎臓付近をたたくと痛みを感じる叩打痛というものです。腎臓の実質全体に炎症が起こりますので、ざっくりと腎臓付近を叩くと痛みを生じます。

 腎盂腎炎には、比較的短期間で治る急性腎盂腎炎と、治療に反応しなかったり症状を繰り返す慢性腎盂腎炎に大別されます。細菌感染に対する抗菌薬治療の他、腎盂腎炎に至る原因が何であるかという点も再発防止という点で重要です。

「腎臓内科」に戻る

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME